ハイエースなどの車を車買取で処分|高嶺の車を高値で売るテクニック

車

処分費用を知る

処分にはお金が掛かるか

車の鍵

乗用車の処分方法として、まず思い付くのが、中古車買取販売会社への売却である。ある程度の高年式であれば、車種やコンディションにかなり左右されるが、買取業者は乗らなくなった車を買取してくれるであろう。 ところが、年式が古くなってくると、そうは行かない。 細目にメンテナンスして絶好調と言ったところで、買取価格が付かない。つまり買取してくれないという事態が発生する。 これはその買取業者が次に転売、または整備した上で販売する時に買い手が付かない、または利益が確保できないと予想される場合などである。 それでも引き取りを希望する場合、今度は廃車費用として、逆に代金を請求されることになる。 これは極真っ当な取引ではあるが、折角の愛車をお金を払って廃車するということに抵抗を感じる人もいるであろう。

車処分にお薦めの方法とは

こんな時は取引相手を変えてみるのである。 中古車販売買取業者でなく、産廃業者に売るのである。 産廃業者に売るとは、初めから車を廃車した上で、金属材料などの価値のあるもの(有価物)をリサイクルするという前提での取引である。 車には多くの金属や再生可能なプラスチックなどが使われている。 産廃業者は解体などの作業を行って、材料をその先の買取業者に売って利益を得られる仕組みになっている。 業者にもよるが、自賠責保険解約の手続きや陸運局における廃車手続きを無料でやってくれる。 そして、場合によっては、少額ながらもいくらかの買値が付く場合もある。 産廃業者に売る場合はあまり買値を期待しないほうがいいが、少なくとも諸手続きを全て対応してくれた上で、処分費用ゼロで車を引き取ってくれる業者を探すと良いのである。