ハイエースなどの車を車買取で処分|高嶺の車を高値で売るテクニック

車

一括で見積もりしてみる

Web一括見積もりの活用

車

車を少しでも高く売却するためのコツを経験談をもとにお伝えします。 まず、販売したい車両の相場感を短期間に収集することです。「車売却」「車査定」などで検索し、Web一括査定サイトにて登録することをお勧めします。車両年式、色、走行距離、年式、特殊装備、車検残期間などを登録すると、近隣の買取業者から即日複数店舗から連絡があります。メール上で買取相場(上限値、下限値)の連絡があり、実車確認を要望されることになります。 ここで、下限値が著しく低い店舗は除外したうえで、3社前後業者を絞り込む必要があります。最終的には、実車確認で査定額が大幅に異なることがありますので、交渉材料を集めるためにも、より高額で査定してもらえそうな業者を複数選定しておくことが望ましいです。

流通ルートを理解した賢い売却

次に、買取業者の買取後の売却ルートを理解することで、少しでも高く売却額を引き上げることを考える必要があります。 買取業者の売却ルートは、大きく2つあります。自社で販売するか、転売するかです。転売する場合は、更にルートが分かれます。他の業者に売却するか、業者間オークションにて売却するかです(ここ最近だと、他にも高級SUVなどは海外輸出ルートなどもあります)。 この売却ルートの中で、査定額が期待できる順番としては、自社販売>他業者に販売>業者オークションにて販売、となります。自社販売の場合、直接お客様に販売できるため自社販売利益を確保できるためで、逆に業者オークションの場合は、オークション会場への出品費用費用や落札業者のマージンなど流通コストがかかるため、その分売却額は相対的に低くなります。 このように、買取業者のその後の流通ルートを理解することで賢く車を査定してもらうことが可能となります。 経験上、最終査定が100万程度のものでも10万以上の差が出てきます。300万以上のものは30万以上の差が出たこともありますので買取業者のその後の流通ルートを理解した賢い選択をすることをお勧めします。